カウンセリングをうける高齢者

費用を把握する

一度の診察で掛かる費用

たくさんのストレスに晒されている現代人は、過度のストレスが原因でうつ病などになってしまうことがあります。うつ病などの治療には、心療内科を受診することがポイントです。そこで、心療内科を受診した際にはどの程度の費用が掛かるかをご紹介します。 一般的に心療内科で治療を受ける際の治療費は、健康保険を適用した場合は3割負担となります。その時の相場は薬を処方された場合で5000円前後です。しかし、心療内科を受診する際には、自立支援医療制度を利用できる場合があります。この制度を利用できる場合には、治療費の負担は3割負担から1割負担となり、治療に掛かる費用は少なくなります。心療内科での治療は短くても半年程度掛かるため、治療を受ける際にはこの制度を利用することで経済的負担を少なくすることが出来ます。

診察に掛かる費用の傾向

心療内科を受診する際には、治療費は3割負担が基本となります。しかし、治療に掛かる時間が長ければ自立支援医療制度を利用することがポイントです。治療費が3割負担の場合は決して安い治療費とは言えませんが、自立支援医療制度を利用する場合には、比較的治療費は安い傾向にあると言えます。しかし、うつ病などになった場合には、仕事を続けることが難しい場合が多く経済的にも苦しくなるため、自立支援医療制度を利用したからといって一概に治療費が安い傾向にあるとは言えません。 うつ病などの心の病の回復には、1年や2年といった長い期間が掛かる場合が多いものですが、きちんと治療を続ければ必ず良くなる病気であることは忘れてはならない事実です。

Copyright© 2015 心療内科で貴方の心を直します~うつ病にはマイペースな治療を~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com