カウンセリングをうける高齢者

治療を受ける方法

有効なサービスとそれを利用する方法

うつ病の治療においてはカウンセリングや精神療法などの相談援助と薬物療法が有効だと言われています。いずれも医療機関で受けることが可能です。選ぶべき医療機関は心療内科あるいは精神科がベターです。中には内科や耳鼻科などの専門外の期間でもうつ病への対処を取り扱ってくれる場所もありますが、やはり専門の病院の方が効果的な相談に乗ってくれるでしょう。うつ病治療における相談援助は医療機関のほかに私設カウンセリングルームで受けることも可能です。また治療の前段階として、自分がうつ病かどうか相談したかったり、困っているがどうして良いかわからないという場合においては、市区町村の精神保健センターなどでも相談を受けてもらうことができます。

サービスを望む人達について

うつ病に対する援助サービスを求める人の中心はやはり実際にうつ病に罹患している患者であると考えられます。しかしそれだけではありません。中にはうつ病であることが考えられるものの、病院に行くことが困難な結果、自宅療養がこう着状態に陥っているケースも少なくありません。そのような場合は家族が本人の代わりにうつ病の相談に来談する場合もあります。また家族のほかにはやむを得ず知人や友人が関係者を代表して来談したり、本人を連れて来談することもしばしばあるでしょう。特に医療機関ではなく、精神保健センターなどの心の問題に対する相談窓口となる援助機関には本人以外の来談者が来談する機会が比較的多いようです。必ずしも本人が来談しなければいけないわけではありませんので、援助を必要とする状況が発生した時には気軽に利用することが良いかもしれません。

Copyright© 2015 心療内科で貴方の心を直します~うつ病にはマイペースな治療を~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com